Research of 名古屋大学ベンチャービジネスラボラトリー

高次機能ナノプロセス技術に関する研究

VBLの研究内容

 現在の情報化社会の進展を支えてきた電子材料ナノエレクトロニクスの極限微細化と、次世代の機能材料創成のためのナノスケール分子構造制御の2つを中心課題として取り上げました。これらを先行的に検討し、その中から次世代の超高性能計算機、マイクロマシン、インテリジェント材料等の、次世代産業の中核となるキー技術の芽を創出します。
 更に、極限微細化に伴って現れてくる量子効果をはじめとする新現象の解明を推進し科学技術の進展に貢献するとともに、ナノプロセス技術に関するセンター・オブ・エクセレンスを目指します。

ナノプロセス.jpg

半導体ナノプロセスグループ

図2.png 本グループでは、次世代のULSI(超大規模集積回路)、超高速光通信、高次機能光信号処理等の研究開発の共通基盤技術である半導体を中心とする高度ナノプロセス技術の開発と、本技術を用いた高次機能デバイスの創出を担当する。

グループ参加教員

  • 堀  勝 工学研究科 教授
  • 天野 浩 工学研究科 教授
  • 齋藤 弥八 工学研究科 教授
  • 中里 和郎 工学研究科 教授
  • 宇治原 徹 工学研究科 教授
  • 田渕 雅夫 シンクロトロン光研究センター 教授

研究テーマ名

  • (a) 真空一貫技術を用いたナノプロセス技術の研究
  • (b) 超薄膜量子井戸構造の作製とトンネル素子への応用に関する研究
  • (c) 結合量子井戸構造の作製に関する研究
  • (d) 結合量子井戸構造の光応用に関する研究
  • (e) 原子層制御ヘテロエピタキシャル技術の研究
  • (f) 原子層制御ヘテロエピタキシャル技術のデバイス応用に関する研究
  • (g) カーボンナノマテリアルの創製とデバイス応用
  • (h) 窒化物半導体のナノ構造評価・制御とデバイス応用に関する研究

ナノ構造設計グループ

 次世代の機能材料の創製・開発のためには、分子をナノスケールで精密に制御する必要がある。この目的のためには、予めコンピュータで分子を構築し、分子レベルでの構造や物性のシミュレーションに加えて、これら分子の集合体をナノオーダーで制御するために分子間の相互作用もシミュレーションする必要がある。ナノ構造設計グループは、化学的シミュレーションを基にした高機能材料の分子設計と開発を担当する。

グループ参加教員

  • 上垣外正己 工学研究科 教授
  • 渡邉 信久 工学研究科 教授
  • 八島 栄次 工学研究科 教授
  • 薩摩 篤 工学研究科 教授
  • 馬場 嘉信 工学研究科 教授

研究テーマ名

  • (a) 新機能有機材料の開発
  • (b) 新機能無機材料の開発
  • (c) 蛋白質の構造と機能の解析、バイオインフォーマティクス
  • (d) 触媒設計と開発
  • (e) DNA分子解析ナノ構造構築

強相関電子系酸化物ナノ物性グループ

 本研究グループでは、遷移金属酸化物を主な研究対象にして、強相関電子系における特異な物性の開拓とその発現機構の解明を目指し、核磁気共鳴(Nuclear Magnetic Resonance, NMR)法を主たる測定手段とする実験的研究を行って来た。原子核の核スピンは周囲の電子系の電子スピンと弱い超微細相互作用で結合しているので、NMRはクールなプローブとして電子系を乱すことなく、電子系の静的・動的情報をミクロに得ることができる。この特徴を生かすと、NMRは固体物性を研究する上で強力な測定手段になる。このNMRの特徴を生かして、新規超伝導体の発現機構と電子状態の解明、金属絶縁体転移近傍の量子物性の開拓と発現機構の解明、幾何学的フラストレートレーションを持つ強相関電子系の新奇物性の開拓、高圧下NMR技術の開発とそれを用いた新規な高圧物性の探究などを目的とした研究を行う。

グループ参加教員

  • 伊藤 正行 理学研究科 教授
  • 小林 義明 理学研究科 准教授
  • 清水 康弘 理学研究科 講師

研究テーマ名

  • (a) 鉄系超伝導体の超伝導発現機構に関する研究
  • (b) 金属絶縁体転移近傍の量子物性に関する研究
  • (c) 幾何学的フラストレーションを持つ強相関電子系に関する研究
  • (d) 高圧NMR技術の開発と高圧物性に関する研究

高分子ナノ組織化グループ

図6.png 機能性高分子のさらなる発展のためには、精密な分子設計とそれを実現する合成手法の開発とともに、その高分子のポテンシャルを十分に発揮できるナノ組織構造を構築し、配列・配向する技術が不可欠である。本グループでは、有機デバイスに関連した光・電子機能性をもつ高分子化合物ならびに液晶性高分子、ブロックコポリマーなどを研究対象とし、とくにその薄膜、超薄膜および単分子膜に着目し、高分子ナノ組織体の配向プロセスや配向化による性能向上や高機能化を目指す。これら研究に必要な、ナノ配向プロセス技術や構造評価手法の開発を担当する。

グループ参加教員

  • 永野 修作 VBL専任准教授

研究テーマ名

  • (a)高分子半導体の単分子膜および多層組織膜の調製と電子輸送特性に関する研究
  • (b)液晶性ブロックコポリマーを用いたミクロ相分離構造の配向技術の開発
  • (c)リオトロピック液晶を利用して作られるメソ多孔体の配向制御

ページの先頭へ

ベンチャービジネス特論I

VB1.JPG2017年度は4月13日より開講

2017年度スケジュールはこちらLinkIcon

最先端理工学実験

jikken.JPG7月に募集開始!

2016年度の概要はこちらLinkIcon

ベンチャービジネス特論II

bind_74.jpg2017年度後期・木曜4限(7・8限)

授業内容LinkIcon

最先端理工学特論

00061.jpg2017年11月21-22日開講予定!

2017年度予定を随時更新LinkIcon